ゲタを進歩させてみました

下駄の工作絵手紙を作っていて、兄の事を思い出していました。
画像

鼻緒を立体的にしてみました。  

高校への通学に高崎市内を横切る形で、4キロもの道のりを下駄をはいて通学していました。

そんなことを思い出していましたら、毎日新聞の「母校をたずねる」という企画
記事の4回目に元文部科学相の下村博文さんが、当時はバンカラな気質があり
生徒は全員ゲタを履いていましたと言っています。
画像


ゲタの音を響かせて、高崎の街を闊歩するのが高崎高校所謂高高生の誇りであったのでしょう。


画像


兄が亡くなってから10年近くなりますが、健在でいたらこの記事を喜んで読んで
いたことと思います。

家でも高高の応援歌・・・当時は校歌だと思っていましたが・・・をよく歌っていました。

翠嵐影を浮かべては  流水長き思いあり 紫紺の霞打ちわたる 榛名の嶺の
姿にて 碓氷の玉に身を照らす 

 私も一番ならまだ歌えますよ

甥が高高の同窓生で、応援部で活躍していたので、切り抜きを送ってやろうと思っています。

自分で光れの続き
画像



画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック