絵手紙でおもてなし

高崎おかみさん会の方たち8名をお迎えしての交流会に参加させていただきました。

老舗の料理屋さんでお出迎え
画像

一昔前はコンニャクで財を成した人たちが足繁くこんな料理屋さんに通ったそうです。
(観光協会の山口さんのお話の受け売りです)

昔は富岡の街も所謂飲み屋さんが沢山あり、夜の賑わいは格別だったようです。
画像

米茄子の田楽が美味しかったなぁ

食事の前にちょこっと自己紹介をしましたが、皆さんそれぞれの立場で活躍されて
いるようでした。

冨岡へは絵手紙列車に乗ってこられたそうなので、私は絵手紙列車の宣伝をさせ
て頂きました。

私の絵手紙の先生である井上かず子さんの思いが上信電鉄の駅長さんから
伝わり、実現したこと。
 
ブログで発信した高崎の千葉さんのおかげで全国のブログ仲間
を動かし、今のような形になったこと

皆さんも初めて絵手紙列車に乗って、絵手紙の良さに感動されたそうで絵手紙を
やってみたくなったとおしゃってくださり、嬉しく思いました。

昨日から公開された「明治近代化遺産を描く」の展が開催されている製糸場へ
画像

冨岡観光協会女性委員会の委員長佐藤さんの巧みな話術と指導の下に座繰り
体験を

見えないほどに細い絹糸を切れないように巻き上げるのは至難の業だったそうで、
それがうまくできる工女は一等工女とされ、工女たちの憧れの存在だったとか

一等工女と言われる人たちはわずか3パーセントだったそうです。

展示場の中が暗くて、上手く撮れなかったのですが

画像

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像


帰りに蔵に寄っていただきました
画像
画像
画像
画像

もっと見てもらいたいところ、寄ってゆっくりして頂きたいところもあったのですが、
電車の時間に追われて残念でした。

展示場の作品は観光協会で作品集として立派な本にして下さったので、よい記念になりました。

受付当番がありますので、その際にもう少し作品の撮影ができたらと思っています。

初日の受付の方とちょこっと話したのですが、会場の寒さに防寒対策を充分に
してくださいとのことです。

世界遺産ということで、近代的な暖房設備をつけるわけにはいかないそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック