須田剋太がいい

毎年この時期に須田剋太の生まれ故郷である吹上で須田剋太の展覧会が
開催されます。

日曜日に思い切って出かけました。
画像
画像

今回は司馬遼太郎の街道をゆくの挿絵原画展で、中国、四国、九州、沖縄の
西南日本の各地を力強いタッチで描かれた原画です。

絵手紙人には人気の画家だけあって、会場でスケッチする人もいました。

吹上には弟たちが済んでおり、両親のお墓もありますので、墓参りも兼ねながら行ってまいりました。

偶然絵手紙の先生の小林生子先生にもお会いでき、「明治近代化遺産を描く」の
応募状況等をはなし、お願いもできました。
画像

帰りの電車  絵手紙列車だといいなと期待していたのですが、残念でした。

列車型の待合室に
画像

前回の絵手紙が展示されていて
画像

画像
画像
画像

画像
画像

乗った電車には一枚だけ
画像

画像


須田剋太に魅せられて、模写をしたり、剋太物語という本を読んだりどっぷり
剋太ワールドにはまっています。
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

チャメまま
2018年10月31日 18:41
こんばんは~。

そうなのよね、毎年この時期でしたね~。
ここの所、出かけられなくて残念でしたが
tonncoさんの所でみられて嬉しいです。

入場無料も嬉しいよね。
絵葉書 私も同じのを買いましたよ。
模写 素敵!
私もやってみようかな~。
2018年11月01日 21:45
チャメままさん
本当にお久しぶり、元気でしたか?

毎年楽しみにしているんですが、なかなかスケジュールが合わなくて、2年ぶりくらいになります。
模写やってみて! 
楽しいですよね

秋はいろいろ行事が立て込んでいて、仲間が次々と
課題をこなしているのにいつもギリギリ・・・

今夜やっとタオル筆コンクール用の絵手紙が描けました。

冨岡で募集している「明治近代化遺産を描く」にも
ぜひぜひ応募してね
期待しています

この記事へのトラックバック