tonncoの絵手紙

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋田2日目

<<   作成日時 : 2017/05/29 21:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

時間がもったいないから、早めに動き出そうねと、かず子さんの提案で
9時に集合

受付を済ませてから、混まないうちに持参したハガキに秋田の実行委員さん手作り
のスタンプを押し待機している郵便局の局員さんへ手渡し

2階の展示ホールでは武者小路実篤、棟方志功、中川一政などの直筆の書やハガキが
画像

画像

じっくりと見て回りました。
さすがに絵手紙ひとです。 そこかしこでスケッチする姿が見られました。
私はなかなかスケッチできず、見て回るだけ・・・  

1時から大会が始まりますので、その前に昼食をと近くのうどん屋さんで
画像

稲庭うどんを堪能

大会のオープニングは三浦愛子さんという方の「浜辺の歌」の独唱で始まりました。
美しい歌声で、1曲だけではもったいない、もっと聴きたいねとミモザさんと話しました。

講演は「秋田の美に魅せられて」と題して大谷有花さん

江戸時代には、「秋田蘭画」という伝統的な東洋絵画の画材を使用しながら西洋画
の手法を取り入れるという、新しいものに敏感な秋田県人

まさに「来てみて発見秋田の美」

感じる心を磨くには、いろんなものを見て勉強すること、いろんな人と意識的に
丁寧に接する。

丁寧に接すると小さな気づきに繋がる。 
 
小池先生が常日頃言っていることと同じことを言われました。

画像

秋田県の実行委員さん

夜の懇親会前に秋田県立美術館へ
資産家の平野政吉が収集した美術品が展示されています。

中でも藤田嗣二が半年間秋田を歩いて取材を重ね、一気に15日間平野家の
米蔵に籠って描き上げたという縦3.65×横20.5mの大壁画は圧巻です
画像

画像

当時の金額で50万円支払ったそうです。 家が100軒買えるるほどの金額だったとか

その後かず子さんの絵友でもある阿部祥子さんの展へ
画像

画像
画像
画像
素晴らしい絵手紙の数々で、いつまでも見ていたい思いでいっぱいでした。
見惚れてしまって、お昼を食べる時間がなくなっちゃたと感激していた人も・・・

夜の懇親会では10名のテーブルで、名前とお顔を覚えるのに大変

鹿児島でお世話になった方、絵手紙列車に応募してくれた方、お目にかかるのは初めてで
あちこちで名刺交換

東京の講座で一緒だった方など  懐かしい方とも出会えてうれしかった。



  

  










月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
さすが敦子さん
詳しくかいて〜 こちらはざぁっと流しただけ
帰ったら眠くて眠くて
行ってるときはアドレナリンたくさんだものね
みもざママ
2017/05/30 20:21
みもざママさん
大会の様子を詳しくアップしたかったんだけど、写真がうまくなくてダメ
なんとかごまかしただけです



tonnco
2017/05/31 05:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋田2日目 tonncoの絵手紙/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる