tonncoの絵手紙

アクセスカウンタ

zoom RSS 上武大学 小池先生の講座へ

<<   作成日時 : 2016/10/10 06:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

私達糸車の会では7名の参加となりました。

かず子先生、連休の中日でもあり、仕事を休めずに泣く泣く不参加となって
しまいました。  

私の分もしっかり勉強して来てねと言われ、初めて参加の
仲間たちも、小池先生のパワフルな講義にすっかり魅せられてしまいました。

今回のテーマは「三輪田米山」を学ぶ

米山直筆の8メートルの幟が6本も会場に掲げられており、圧倒されました。
画像


上武大学の理事長さんたちが、米山の故郷松山を訪れ、本物に触れ勉強して
きた結果、地元の人たちから寄贈されたそうで、小池先生はそのことにまず
感動されたそうです。

先生が米山の書に触れたのは、

小学校3年生の時、

みかん農家の手伝いにリヤカーを押しているときに、神社の鳥居と
注連石の字を見た時に、意味も分からないけれど、引き込まれてしまって
座り込んで見入ってしまった。

その文字は 「無為而尊」 無為にして尊しと読み 何もしない、飾らない、そのまま
がいい、ということ   絵手紙での 「ヘタがいい、ヘタでいい」ということと思いました。

老子か孔子の論語の言葉と思いますが、意味が分からなくても、視たものの心を
とらえて離さない何かがあった。

愛媛松山の人たちは、一見拙いとも思える「米山の書」に魅せられて沢山の
神社の注連石や神名石に、石工の思いも込めて残している。

拳が入るほどに深彫りされた石は、石工の思いも含まれていて、実物を見ると
更に感銘を受けますとの理事長の話に、ぜひ現物を見てみたいと思いました。

講義の後に実技として、米山の書の一文字を布に大きく書いてみましょうと
画像

画像


布に書くというのは初めての人たちも多く、緊張しましたが小池先生も感動する
ほどみんな集中していて、素晴らしかったです。

講義の後に館林の悦子さんたちが、絵手紙列車に乗りたいということで富岡まで
ご一緒することにしました。
画像


富岡街中は自由に散策して頂くことにして、私は新洋亭で待っていることに
しました。

ランチタイムは過ぎていたにもかかわらず、相変わらずお店は大盛況でした。

富岡どんと祭りも近いので、にぎやかです。

蔵に絵手紙を引き立てるかのように神輿も納められて
画像


初めて富岡を訪れてくれた人たちも、絵手紙の街に感動してくれてよかった〜

今日の休みは家事と絵手紙に精を出すことそしましょう。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようです〜。
毎年、小池先生の素晴らしい講義を受けられて
皆さんは幸せねぇ〜。
布にかく!面白そうですね。

蔵の中も賑やかで絵手紙の街のシンボルになってますね。
tonncoさん、色々ありがとうねぇ〜。
私も絵手紙頑張るわぁ〜
チャメまま
2016/10/10 08:00
小池先生の講義
あの情熱は 心臓が爆発しそうになりますね
7日は 本当に嬉しかったです
慌しい「初めまして」でごめんなさい
素敵な素敵なtonncoさん
これからもよろしくお願いいたします
おっ兎っ兎
2016/10/10 08:29
チャメままさん
本当にありがたいことです。

小池先生も、若い大学生たちに
接してよりパワフルになられたような気がします。

布は大学の方で、幟に使われているのと同じ材質の物を特別注文したそうですよ〜

チャメままさんも挑戦してみてね
tonnco
2016/10/10 11:03
おっ兎っ兎さん
小池先生から直接講義を受けられることなど、めったにないことですから、一言一言聞き漏らすまいと、真面目に勉強してきました。

こちらこそ、お目にかかれて光栄です。

本日は、また素晴らしいものをお送りくださりありがとうございました。
ビックリするやら、感激するやら興奮しております。
tonnco
2016/10/10 11:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
上武大学 小池先生の講座へ tonncoの絵手紙/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる